おはようございます、クリエスです。

自動フィルタ掃除機能付きエアコンでもエアコンの内部の清掃は必要だよって話題です。

自動フィルタ機能が作動しました。フィルタがきれいになりました。

ここで問題。フィルタについていたほこりはどこに行ったのでしょう???

最近のエアコンですと掃除機のようなものがついていて、外へ排出する機能付きのものもあります。しかし、100% 吸いきれるものではありません。また、外へ排出するためのパイプに貯まる(目詰まり)もあります。 そうした機能がないものは… 排出しきれないほこりは…

答えは… エアコンの中!!!エール

一度カバーを外してみてください。 機種によって違いますが、ほこりの受け皿みたいなものがあって、そこにモクモクとほこりが貯まっているんです。

ほこりがそこに貯まりすぎると当然、フィルタ清掃機能も役に立ちません。さらに、カバーを外すと金属の部品があり、そこにもほこりがビッシリと。つまり、エアコンをつけるたびにホコリをまき散らすことに。

私が働いていた施設でもフィルタ清掃機能がついていたから安心、と思っていたんですね。別のスタッフがエアコンの掃除をすると言い出し、??? だったんですけど、、、開けてびっくり。すごかったというより気色悪かった。モクモクほこり。これ、大丈夫? と思ったものです。

介護施設などでは居室の環境は単にお部屋をきれいに掃除するだけでは足りないんだと思いました。エアコン清掃もしっかりやって、はじめて入居者様の快適な環境は守られるんだと実感しました。

皆さんもエアコン清掃していますか?? どんなタイプでも必要です。私が掃除した時は一台あたり一時間弱かかったと記憶しています。 もし、なかなか時間が取れないなら、プロにおまかせするのもいいですね。

先日お話ししましたけど、意外とエアコンクリーニングに今の季節はちょうどいい季節です。 週末などにちょっとカバーを開けてエアコンを掃除してみてください。来年の本格的に使う時期に急に暑くなっても慌てなくて済みますよ。 ぜひ、やってみてください。

カテゴリ :エアコン清掃・交換の情報