おはようございます。
クリエスです。
当社の滑り止め施工の流れについて説明しますね。
全体の流れは以下のようになります。

1.デモ施工
2.現場養生
3.洗浄
4.本施工
5.中和
6.後片付け

1.デモ施工


普段の通行に支障が出にくい場所、あるいは、お客様が指定された場所、一番効果がわかりやすい場所を選び、その部分だけに滑り止め施工を行います。
お客様にはデモ施工後お立会いいただきます。

色目やつやがどの程度変わるのか、滑り止め効果がどの程度得られるのかを説明すると同時に、実際にお客様にデモ施工後の現場の様子を体感していただきます。

この時点で、お客様に滑り止め効果の程度をご決定いただきます。
滑り止め効果の程度はある程度調節ができるので、もう少し強めに、とかこのままでといったご判断をしていただきます。

こうすることで、私たちにとっては溶剤や手順、機材、設備(水道・排水・電源)、施工時間を確認することができるので、施工当日のロスを防ぐことができます。

お客様にとっては滑り止め施工を行った後の様子をイメージしやすくなり、滑り止め効果の程度を確認できますので、「施工したらどんなふうになるだろうか」というご不安や、施工完了後「こんなはずでは…」といったご不満もなくなります。

デモ施工の様子を写したショートムービーを掲載します。
ここでは、玄関ポーチの階段で通行が少ない部分を選びました。

カテゴリ :滑り止め施工の情報