お疲れ様です。
クリエスです。
当社の滑り止め施工の全体の流れは以下は以下のようになります。
今朝は、その内、デモ施工についてお伝えしました。
今から、次の手順、現場養生についてお話しさせていただきます。

1.デモ施工
2.現場養生
3.洗浄
4.本施工
5.中和
6.後片付け

2.現場養生



現場養生はこの養生は、洗剤や溶剤、水が、壁やガラスなど、直接施工とは関係ない場所に飛び跳ねないようにするために行うものです。

当社の滑り止め施工では洗剤・溶剤を使用するため、飛び跳ねる恐れのある部分を慎重に見極めて養生する必要があります。
というのも、アルミやガラス、ステンレス、壁等の直接施工とは関係ない場所に洗剤や溶剤が飛び跳ね、付着することで、錆や変色を起こす可能性があるからです。

足元のそれほど目立つ場所ではありませんが、お客様の大切な玄関口、特に慎重に、養生します。

また、場所によってはマスカーテープの粘着テープによって塗装はがれを起こすこともあります。
そんな時はメンディングテープなどの粘着力の弱い、塗装はがれを起こさないテープを貼ってから、マスカーテープを貼ります。

現場養生の様子を写したショートムービーを掲載します。
実は、この現場養生は滑り止め施工の中でも最も時間がかかる工程。
以外にも本施工よりも時間が必要な場合だってあるんです。

カテゴリ :滑り止め施工の情報