お疲れ様です、クリエスです。

当社の滑り止め施工の手順、一連の流れをご紹介しています。

1.デモ施工
2.現場養生
3.洗浄
4.本施工
5.中和
6.後片付け


今朝の投稿で、滑り止め施工(防滑施工)、本施工を紹介しました。
本施工が終わったとはいえまだまだ気が抜けません。
ここからは後処理になります。

5.中和


アクアグリップ®はクエン酸を主成分にした溶剤で、磁器タイルや、御影石等の石材にもともとあいていた小さな穴を広げる役割をします。
そうした役割ですから、アクアグリップ®は滑り止め効果が得られた後はすぐに洗い流さなければなりません。

というのも、そのままにしておけば、磁器タイルや、御影石などの石材にもともとあいていた小さな穴はアクアグリップによってどんどん広がってしまいます。

すると、滑り止め効果が強すぎる、つまり、普通に歩くのにもつんのめってしまう、これはかなり危険な状態といえます。

一定の、必要十分な滑り止め効果が得られたらすぐに洗い流し、アクアグリップが穴を広げるのを食い止めなくてはなりません。
中和は滑り止め効果が適切に、かつ安全に歩けるレベルに保つために重要な工程なのです。

この後は水洗いをし、余分な水分を拭き取り、養生を撤去してお客様にお渡しします。

では、お客様に引き渡したのち、滑り止め効果を維持するためにはどうすればよいでしょうか。
明日はそのあたりのことをお伝えさせていただきます。

カテゴリ :滑り止め施工の情報