先日、7月3日に愛知県一宮市のK医院にて滑り止め施工(防滑施工)を行いました。
当日は小雨がぱらつく中でしたので、施工できるかどうかが危ぶまれました。

というのも、防滑施工は既存の床材などにアクアグリップ®という溶剤を塗ることで滑り止め効果を既存のタイルなどの床材に付加する施工方法ですので、本降りになってしまうと溶剤を濡れませんので、中止せざるを得ないのです。

本降りにならないように祈りながら施工し、無事に完了。
と思ったら、直後に本降りに。
スタッフ一同、無事に終わってよかったとほっとしました。

今回の施工では玄関ポーチの中を先に施工完了させ、外側部分を行うという二段階で施工しました。
こんな風に施工の段取りをある程度柔軟にできることが当社の施工の強みですね。
それにしても施工完了直後に本降りになるなんて、本当によかった。

今回の施工の様子を動画にまとめましたので、ぜひ、ご確認ください。

カテゴリ :施工実績