防滑業振興協会の調査によると、経年調査で平均的に三年以上は効果が持続するという調査結果が出ています。
防滑施工は床材にごく小さな穴をあけることで効果を発揮します。
つまり、その穴が深さを保っている間は効果が持続するということになります。
実際にはその床をどのくらいの人が歩くのかということで効果に差が出ます。