ハウスクリーニング豆知識

換気扇は汚れる前にブロックするのが基本

市販で売っているポリエステル不織布のフィルターを換気扇に装着し、2~3週間で交換して使うとしつこい汚れをブロックしてくれます。経験上、磁石のタイプ取り外しがしやすいのでお勧め。

また、換気扇のプロペラなどは、汚れ防止のノリ状の製品が売っていますが、ワックスやリンス、柔軟剤などで代用できます。表面に透明の膜をはってくれますので、汚れを取るのが楽になります。

毎日使う度に、壁と一緒にお湯で拭き上げておくと楽にキレイを保てますよ。 ぜひお試し下さい!


厄介者なお風呂のカビを育てない方法

お風呂場って、よくカビが生えてきませんか。実はカビはシャンプーやリンス、皮脂といった汚れを栄養にして、適度な水分と温度があればあっという間に生育します。まずは、汚れを落とすことが大切。とはいえ、一度生えてしまったカビは、普通のクリーナーでは落とせません。カビとり剤を使うのがおススメ。カビをしっかりとったら、浴室内の湿度や温度を下げるようにするとカビが育つのをシッカリふせいでくれますよ。


プロのエアコンクリーニングで電気代をダイエット

エアコンクリーニングをする場合としない場合で、年間に消費する電力量の差は約500kWh。 1kWhあたり22.0円とすると、年間で電気代が約11,000円もオトクになります。もちろんご家庭でもエアコンクリーニングはできますが、熱交換器や吹き出し口の奥までしっかり洗えるのはプロならでは。より電気代をダイエットするならプロにおまかせがおススメです。(ちなみに、当社は一台目が8,000円、二台目からは6,000円でクリーニングを承っています)


きれいなエアコンは健康にもいいんです

エアコンは空気中のホコリを吸い込んでだんだん汚れていきます。ふと気づけば、フィルターが真っ黒といったこともあります。たばこやペットの毛、ハウスダスト、ウィルス、カビ等々、エアコンはこれらの汚れを吸い取り、フィルター内に蓄えます。蓄えたそうした汚れの中を通って、エアコンの冷たい風は出てきます。それが健康にいい影響を与えるでしょうか???

プロの手でしっかり掃除したエアコンならあなたとあなたのご家族の健康を守りながら快適なお部屋環境を作ることができるんです。


便利なフィルター自動清掃機能でもクリーニングは必要

スイッチ一つで、あるいは自動的にエアコンのフィルターをお掃除してくれる機能って便利ですよね。でも、結局エアコンクリーニングは必要だってこと、ご存知ですか。

自動的にフィルターの清掃をして、その時に出たホコリはどこへ行くのでしょうか。最新のエアコンには屋外へ排出してくれる機能がついているものもあります。しかし、排出する管がつまったらどうなるのでしょうか。結局、それらのホコリはエアコンの中に溜まっていくのです。つまり、フィルターの自動清掃で出たホコリは私たちが外に出す必要があるのです。


キッチンクリーニング
ハウスクリーニングのご依頼はお電話でも承っております 0120-97-9191です